神の手か悪魔の手か

コン(o◕‿◕八◕‿◕o)チャ

ふーむ~、ガーナ戦、映像で見ると印象ちょっと違いましたネ

スアレスのハンドは退場覚悟の捨て身のハンドですね。早速ウルグアイではヒーロー扱いです。

対照的にギャンは立ち上がれない程泣き崩れていましたが、彼、あのPKを外したあとの

PK合戦で一人目で登場し、PK成功させています。凄いな~と思いました、ホント。

確かにスアレスのハンドは結果的に自国を勝利に導いた神の手だったでしょう、

あのハンドがなければ、ほぼ間違いなくゴールが決まってそのままタイムアウトです。

止めたい一心で体全体使って止めたボールが たまたま手に当たったともとれますが、

賛否両論、色んな意見の分かれるハンドですね。

あの場合、ああやって止めるしかなかった、自分を犠牲にしたプレーに感動。

または、反則してまで勝ちたいの?色んな意見があります。見る人によって全く両極端な

見方の出来る1プレイでしたね。 私はどおかな~~~、うーーーん、どちらかと言うと

ギャンにちょっと同情的かも、駒野のあとなのでね・・・・

映像を見て、前記とイメージが違ったのでちょっと感想を書いてみました。


今夜の試合予想は別記事で~ヽ(。◕‿◕。)ノ
[PR]
by H-anaM-izuki | 2010-07-03 15:09 | w杯2010南アフリカ大会 | Trackback
トラックバックURL : http://h7a1n6a.exblog.jp/tb/14110178
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。