音楽で世界旅行 パート9

朝アップしたばっかりですが、もう一カ国行きます@@

眠気覚ましにブログ書いてるです。。。お昼寝すると、また夜眠れなくなりそーだからネ

ブラジルから どーんと飛んでロシアへ。

こんな短時間で、離れた二カ国を行き来できるのも空想旅行ならではですね(ノω`*)ノ" ムフフフフッ

今回はどこに行こうではなくて、ご紹介したい動画があるので、無理やりロシアですw

ロシアと言うと、日本でもロシア民謡は数多く歌われて来ていて

「カチューシャ」「トロイカ」「カリンカ」などなど、皆さんも小学校あたりで

歌っているのではないでしょうか。その中から、カチューシャをご紹介します。

ロシアと言うと、パッと思い出すのがプーチン、エリツィン、ゴルバチョフなど

政治色の強い印象です。スイスのチーズや、イタリアのピザとはやっぱり違う

なんか独特な軍国ぽいイメージの濃い国です。そんなイメージを象徴する動画ですが、

歌っている子が可愛くて上手でビックリしました。

ご紹介する動画は、2007年5月9日。

モスクワの中心「赤の広場」における 大祖国戦争(対独戦)の戦勝記念日コンサートでの

一こまです。戦勝記念日コンサートなので、軍隊とか国旗とか異様な雰囲気です。

彼女らも軍服を着て民衆の前で歌ってますが、この子たちは、ロシアでも人気の

双子の姉妹 The Tolmachevy Twins (トルマチェフ姉妹) です。

この動画の当時は、彼女たちは10歳です。 これだけの大観衆の前でも堂々としたステージと

歌唱力もさる事ながら、双子ならではの、同じような声帯からのハーモニーはほっんと綺麗です。


歌詞も併せてアップしておくので、見ながらお聞き下さい。

兵役に出て行った恋人を想う少女、カチューシャの切ない思いを歌っています。

ほっんと上手でハーモニーが綺麗で超かわいいですヽ(。◕‿◕。)ノ

  



  

歌詞(キリル文字)・日本語訳

Расцветали яблони и груши,
Поплыли туманы над рекой;
Выходила на берег Катюша,
На высокий берег, на крутой.

咲き誇る林檎と梨の花
川面にかかる朝靄
若いカチューシャは歩み行く
霧のかかる険しく高い河岸に

Выходила, песню заводила
Про степного, сизого орла,
Про того, которого любила,
Про того, чьи письма берегла.

カチューシャは歌い始めた
誇り高き薄墨色の鷲の歌を
彼女が深く愛する青年の歌
大事に持ってる彼からの手紙

Ой, ты песня, песенка девичья,
Ты лети за ясным солнцем вслед,
И бойцу на дальнем пограничье
От Катюши передай привет.

おお 歌よ 乙女の歌よ
太陽をかすめ 鳥の如く飛んでゆけ
遠い国境の若き兵士の元へ
カチューシャの想いを届けるのだ

Пусть он вспомнит девушку простую,
Пусть услышит, как она поёт,
Пусть он землю бережёт родную,
А любовь Катюша сбережёт.

彼は思い起こすか 純真な乙女を
彼は聞くだろうか カチューシャの澄んだ歌声を
彼は愛すべき祖国の地を守り抜き
カチューシャは愛を強く守り抜く

Расцветали яблони и груши,
Поплыли туманы над рекой;
Выходила на берег Катюша,
На высокий берег, на крутой

咲き誇る林檎と梨の花
川面にかかる朝靄
若いカチューシャは歩み行く
霧のかかる険しく高い河岸に


では ✿(。◕‿-。).:*:☆マタネー
[PR]
by H-anaM-izuki | 2010-08-29 17:34 | 音楽で世界旅行 | Trackback
トラックバックURL : http://h7a1n6a.exblog.jp/tb/14491887
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。