最近はMU奇蹟の大地のゲーム日記となってます^^
by H-anaM-izuki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

音楽で世界旅行 パート22

☆(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡♪

雨も上がって、明るくなってきた東京です。

祭日の今日、みなさんはいかがお過ごしでしょうか~

私は、午前中お出かけして、友達とランチを済ませ、今さっき帰ってきました。

午後はのんびり過ごせそうですヽ(。◕‿◕。)ノ”✾✿

私も基本的に、日曜日と祝祭日はお仕事を入れないので、祭日は嬉しいです~ヽ(。✪‿✪。)



それではタイトルの音楽旅行へ^^

なんだか、このシリーズを始めてからスッカリ世界の音楽事情とその国の歴史などに

詳しくなってきましたよ~w 今なら地理の試験でいい点とれるかも?(。-∀-) ニヒ



今日は、先日ご紹介したイギリス連邦国の中の北アイルランドに隣接する

アイルランドに行きたいと思います。何故この国にしたかと言うと、

大好きな歌手がアイルランド民謡を歌っていたので、お~、じゃアイルランドに!です^^

では、恒例のお国紹介から(^-^✿)


アイルランド共和国。 場所はこちら

f0233667_13204032.jpg


すぐ右上の黄色い小さい国がイギリス連邦国内、北アイルランド共和国ですネ。

首都はダブリン、2005年の英エコノミスト誌の調査で最も住みやすい国に選出されています。

でも過去、歴史を紐解くとアイルランドと言う国は悲しい内戦のあった国です。

そのことをここで詳しく書くのは趣旨に完全に逸れてしまうので省きますが、

ブラピの映画で、ブラピが北アイルランドおよびイングランドで数々の爆弾事件、

銃撃事件、誘拐事件などを行なってきたIRA(アイルランド共和軍)の構成員の役をした

『デビル』と言う映画は、私も衝撃を受けながら見たのを覚えています。

余談ですが、たくさんの映画に出演しているブラピ、

彼の作品の『セブン・イヤーズ・イン・チベット』は、ご覧になった方はいますか?

私は彼が好きなので勿論みてますが、これは中国によるチベット侵攻を描いた映画なんですが、

これに出演したブラピは、中国からは無期限で立ち入り禁止されているのです。

全く中国という国は・・・・って感じですね(=・ω・=)



今では、先にも書きましたが、住みやすい国として生まれ変わり街もいつも賑わっています。

写真はダブリン中心部のグラフトン・ストリートと言う歩行者天国です。

f0233667_13484764.jpg


この銅像はオコンネル【Daniel O'Connell】

アイルランドの英雄、アイルランド解放運動の指導者です。

ダブリンの街の中には、この銅像のほかに彼の名前のついた建物、橋、ストリートなどが

あります。

f0233667_13505456.jpg



続きは ↓ から





中心部から離れると、こんな素敵なお城もあちこちにあります。

こちらはカイルモア修道院です。もともとはマンチェスターの富豪が

奥様の為に建てたお城です。うらやましい~~~~(≖ω≖。)♪

f0233667_13513782.jpg




では、音楽の方へ~(^-^✿)

アイルランドには、たくさんのアイルランド民謡と言うのがあり、

日本にもたくさん親しまれている曲があります。

私はこの曲はJAZZとして弾くのですが、普通に民謡です^^

ロンドンデリーの歌としても知られていますが、Danny Boy (ダニーボーイ) と言う曲です。

これはロンドンデリーの歌にイギリスの法律家が作詞した歌詞を当てはめたものです。

戦争に赴く息子を思う親の気持ちを切なく歌い上げるアイルランドの名曲です。

歌詞も載せますので、曲を聞きながら歌詞も見てみて下さい。

そしてこれを歌っているのが、アメリカのシンガーで Eva Cassidy

魂の歌声と称されるこの歌声。素晴らしいですヾ(。╹◡╹。)^♡ ほんとに大好きなシンガーです。

残念ながら1996年に癌で33歳と言う若さで亡くなっていますが、

彼女の歌声はたくさんの人の心の中にずーっと残っています(◡‿◡✿)

ほんとに美しい歌声なので是非、お聞きになってみて下さい。


            Danny Boy by Eva Cassidy

     

O Danny boy, the pipes, the pipes are calling
From glen to glen and down the mountainside
The summer's gone and all the roses falling
'Tis you, 'tis you must go and I must bide.

ああ私のダニーよ バグパイプの音が呼んでいるよ
谷から谷へ 山の斜面を駆け下りるように
夏は過ぎ去り バラもみんな枯れ落ちる中
あなたは あなたは行ってしまう

 
 But come ye back when summer's in the meadow
Or when the valley's hushed and white with snow
'Tis I'll be here in sunshine or in shadow
O Danny boy, O Danny boy, I love you so.

戻ってきて 夏の草原の中
谷が雪で静かに白く染まるときでもいい
日の光の中、日陰の中、私は居ます
ああ私のダニーよ、あなたを心から愛しています

But if ye come and all the flowers are dying
If I am dead, as dead I well may be,
You'll come and find the place where I am lying
And kneel and say an Ave there for me.

すべての花が枯れ落ちる中、あなたが帰ってきて
もし私が既に亡くなっていても
あなたは私が眠る場所を探して
ひざまづき、お別れの言葉をかけるのです


And I shall hear, though soft, your tread above me
And all my grave shall warmer, sweeter be
For you will bend and tell me that you love me
And I will sleep in peace until you come to me.

私の上を静かにそっと歩いても私には聞こえる
あなたが私に愛してるといってくれたとき
私は暖かく心地よい空気に包まれるでしょう
私は安らかに眠り続けます
あなたが私の元に帰って来てくれるその時まで




どんな兵士にも必ず親が居て、帰りをまちわびている人が居るのです。

世の中から全ての戦争がなくなりますように・・・・(-ω-✿)


それでは ✿(。◕‿-。).:*:☆マタネー
[PR]
by H-anaM-izuki | 2010-11-23 14:29 | 音楽で世界旅行 | Trackback
トラックバックURL : http://h7a1n6a.exblog.jp/tb/15032528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。