シーズン12に向けて楽しく準備しているMU日記です。
by H-anaM-izuki
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
雑記
sports
音楽で世界旅行
グルメ
Movie
music
w杯2010南アフリカ大会
MU
MU攻城戦
ファンサイトのブロガーさん
Requiem連合メンバー
未分類
画像一覧
最新の記事
あ・ありがとぉw
at 2017-06-29 11:27
Twitter
at 2017-06-28 00:23
最近のグリモア
at 2017-06-27 14:35
指名手配☆
at 2017-06-27 00:14
ダークエンジェルボウ
at 2017-06-26 12:22
記事ランキング
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
ブログパーツ
アンチエイジングエステ
最新のコメント
じゃあやっぱり 求50..
by H-anaM-izuki at 13:18
BA武器~DA武器は、1..
by スパイッシ~オジサン at 12:30
悔しいけど面白かった(笑..
by H-anaM-izuki at 01:26
鼻さん3回くらいPKする..
by いつもの人 at 23:21
なんとかしよーよー ..
by H-anaM-izuki at 21:19
検索
ファン
ブログジャンル

死闘のあとに

☆(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡♪

サッカーを最後まで見てしまって寝不足で会社や学校へ行ってる皆さん大丈夫かな~(◡‿◡✿)

私も、今かなーり眠いです(=・ω・=)

毎回そうですが、日韓戦は見ごたえがあっておもしろいですね

私は韓国代表チームのサッカーは好きなので、他の国とのゲームの時は韓国を応援しますが、

対日本戦はやっぱり別ですね。ゆうべのあんな時間にも関わらず視聴率は平均で35%、

日本国民の関心の高さが分かりますね(^-^✿)

日本が勝っていても、いつもハラハラドキドキ最後まで安心できないのは

まさしくゆうべの試合のようにあとほんの少しなのにぃぃぃ と言う所で失点しまうことが

過去にも多くあったからですね。ゆうべも 『ええええぇぇぇ( ;∀;) 』 と一人で

叫んでましたよ~(/ω\)

二時間も走り続けて、PKをゲーム中に失敗してしまった本田をPk戦の一人目で見たときは、

ワールドカップ南アフリカ大会関係の記事でシリーズ化しようと思っていた

2010W杯 記憶に残ったプレイヤー その1、でご紹介したガーナ代表のギャンを

思い出しましたヽ(。◕‿◕。)ノ  右のカテゴリーでワールドカップのところを

クリックして頂くと最初に出てくる記事がそれです^^

ゆうべの本田の場合は、はじかれたボールを細貝が押し込んで得点しましたが、

大事なところでPKを外してしまったと言う思いを抱えたままのPK戦は嫌だったでしょうね。

それでもしっかりと決めてくれるのが、何かを持ってる本田さんです(≧∇≦)/

続きは ↓ から




誰もが、あのPK戦の結果には狂喜乱舞したのではないでしょうか

試合中から好セーブを連発していた川島の、気迫に満ちたセーブは感動しましたね~(≖ω≖。)♪

対照的に、あの時間で同点に追いついた勢いで勝ちたかっただろう韓国は

まさかの連続失敗です。

私はやったことありませんが、やっぱり前の人が失敗すればする程、

あとから蹴る人には重いプレッシャーがかかるのでしょうね。負の連鎖は恐いです(-ω-`*)

勝敗がついたあと、韓国と日本の選手がお互いを称えあって笑顔で握手してた姿は

見ていて気持ちよかったです。


そしてそして~、皆さんももうご存知だと思いますが、ファイナルの相手はオーストラリア。

なんと、ウズベキスタン相手に6-0で決勝進出を決めていますよ( ;∀;)

でも、大丈夫! 相手が韓国だったからあんな接戦だっただけで

他の国となら大丈夫!w 何の根拠もないですけどね。。。。

だってザックジャパンはまだ負けナシです、アルゼンチンにだって勝ってるんです(◡‿◡✿)

キューウェルをしっかりマークしてください、よろしくお願いしますw

ファイナルもまた深夜だけど、みんなも頑張って見ましょう~~~~ヽ(。◕‿◕。)ノ



それでは ヾ( ^ _ ^ )マタネー
[PR]
by H-anaM-izuki | 2011-01-26 12:35 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://h7a1n6a.exblog.jp/tb/15397583
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。