シーズン12に向けて楽しく準備しているMU日記です。
by H-anaM-izuki
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
雑記
sports
音楽で世界旅行
グルメ
Movie
music
w杯2010南アフリカ大会
MU
MU攻城戦
ファンサイトのブロガーさん
Requiem連合メンバー
未分類
画像一覧
最新の記事
最近のグリモア
at 2017-06-27 14:35
指名手配☆
at 2017-06-27 00:14
ダークエンジェルボウ
at 2017-06-26 12:22
封印石は要らなかった(*´ω..
at 2017-06-23 09:52
大きな間違いっ
at 2017-06-20 20:09
記事ランキング
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
ブログパーツ
アンチエイジングエステ
最新のコメント
じゃあやっぱり 求50..
by H-anaM-izuki at 13:18
BA武器~DA武器は、1..
by スパイッシ~オジサン at 12:30
悔しいけど面白かった(笑..
by H-anaM-izuki at 01:26
鼻さん3回くらいPKする..
by いつもの人 at 23:21
なんとかしよーよー ..
by H-anaM-izuki at 21:19
検索
ファン
ブログジャンル

音楽で世界旅行 パート32

(⊹^◡^)ノo.♡゚。*こんにちわぁ~*。♡


今日の東京は夏日、北海道でも30度を越えるそうです058.gif

熱中症に気をつけて下さいネ(✿╹◡╹)


今日は、日本のまとわりつくような暑さとは反対に、この時期の平均気温が20度前後で

太陽の沈まない白夜の季節を迎えているフィンランドに行きましょうヽ(。◕‿◕。)ノ”✾

この素晴らしい時期があるから、この国の人は暗く寒い冬を乗り越えられると言われています。

フィンランドでは冬が一番長く、冬至の頃はヘルシンキで昼の時間が6時間弱になり、

国土の最北端では太陽が昇らない日が51日間もあるのです。

厳しい気候で夜が長い為、この国の人たちの読書量は世界のトップレベルです。

図書館利用率では世界第1位の国となっていますが、必然的にそーなるかも知れませんね。

そう言った自然背景や、教育費が無料な事もあって、国際学習到達度調査(PISA)で

しばしば第1位に輝く国として、長年にわたって世界中から注目を浴びてきた国でもあります。

位置はこちら、北欧諸国の一つで、スウェーデン・ノルウェー・ロシアと隣接しています。

意外に思われるかも知れませんが、日本から一番近いヨーロッパがここ、フィンランドです。

f0233667_1117118.jpg


正式な国名はフィンランド共和国、首都・最大の都市ともにヘルシンキです。

フィンランドの面積は日本とほぼ同じ位ですが、人口は東京の半分位です(=・ω・=)

f0233667_11212023.jpg


世界で最も水が綺麗な国といわれています(´ェ`*)ネー


そして、フィンランドと言えばこれ、オーロラ(◡‿◡✿) 一度はこの目で見たいものです。

白夜の時期に行っても勿論見れないので、9月ごろがお勧めです。

f0233667_1124884.jpg


続きは ↓ から




そして、こちらも有名ですね^^

f0233667_11251265.jpg


フィンランドの北部・ラップランド州にはサンタクロース村と言うのがあって

一年中、サンタさんが常駐しています。

f0233667_11305923.jpg


かわいいログハウスですね(^-^✿) 

国際サンタクロース協会が認定している公認サンタクロースは、現在世界に120人いるそうです。

以前、原宿のキディーランドでその120人の中の一人のサンタさんに会いましたよ~^^

並んで写真も撮ってもらいました。大きくて優しそう~~な微笑みを絶やさないサンタさんでした。


もう1つ、ムーミンの作者がフィンランドの人なので作られたムーミンワールド。

これはムーミンパパがストーブをモデルに作ったと言われているムーミンのおうちです。

f0233667_1136247.jpg


おうちの中にも入れるみたいだから、ちょっと行ってみたいなっ(✿╹◡╹)


今日の音楽はクラシックです。音楽にはその国の色々な時代背景がありますよね、

長い長い間、ロシア圧政に苦しめられていた中で出来たこの曲、フィンランディア (Finlandia)

フィンランドの国民的英雄とされている作曲家、シベリウスによるものですが、

当初の曲名は、フィンランドは目覚める、でした。

フィンランドの独立を求める人々に強い勇気を与えたと言う、とても勇敢な感じの曲です。

当時は、フィンランドへの愛国心を沸き起こすとして

帝政ロシア政府がこの曲を演奏禁止処分にした程です。

フィンランド出身のレニー・ハーリン監督による映画「ダイ・ハード2」の

エンディングにも使われていて勝利感に満ちた中で曲が終ります。

構成に物語を感じることの出来る曲なので、最後まで聴いてみて下さいね(^-^✿)





こちらは作曲家シベリウスを称えるシベリウス公園です。

約400本からなる旋律をイメージしたような金属製のパイプと

シベリウスの像からなっているモニュメントです。

f0233667_1224328.jpg



それでは ✿(。◕‿-。).:*:☆マタネー
[PR]
by H-anaM-izuki | 2011-06-22 12:25 | 音楽で世界旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://h7a1n6a.exblog.jp/tb/16166524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。