宇宙のロマン

(✲✪‿✪)ノ~.㋔.㋩。㋵.:㋒♫♫♬


夏休みで昼夜が逆転しているダイスのせいで、私までなんだかリズムが狂っています(´_`。)

今朝のニュースで聞いたんだけど、少し前に日本中が沸いたあの小惑星イトカワ。

2003年にハヤブサが打ち上げられ、20億kmの宇宙旅行を経てイトカワに到着。

その後、ハヤブサは2010年6月に無事に地球まで戻ってきてくれました。

帰還の時は、関係者が涙を流しながら帰還の瞬間を見守っていたのが印象的でした(✿◡‿◡ฺฺ)



f0233667_942689.jpg



この写真でも分かりますが、場所によって色が違うのは、

まだハッキリと解析できてないらしいですが、素人考えではやっぱり表面温度の差とか?

単純な事を考えてしまいますが、物質の違いなどが考えられているようです。

今回ハヤブサが地球まで持ち帰ってくれたカプセル内の何千と言う微粒子の解析で、

この重力の小さなイトカワは表層部が宇宙に飛散し続けてどんどん小さくなり、

10億年後には消滅するだろうと考えられているそうです。

凄いデスネ~、微粒子解析でそんな事まで分かるのです(´ェ`*)ネー

形も面白いですよね。もともとあった大きな天体の破壊時に出た破片などが集まって出来たのが

イトカワではないかと言う事です。

そして、今回の分析でまたクローズアップされたのがダイアモンドで出来た惑星。

ちょっと簡単に調べてみました。




(ノ´▽`)ノオオオオッ♪

f0233667_929295.jpg



あくまでも想像図ですが、こんな星があるなんてロマンですよね~~~(*✪‿✪p)

ダイアモンドが初めて地球以外にも存在するものだと明らかになった星です。

地球上で言われている宝石のダイアモンドとはまた少し違うのですが、

この惑星、月と同じ位の大きさです。

難しいことは省きますが、あの太陽も数十億年後にはこの星同様に

巨大なダイアモンド結晶の塊の星に変貌すると考えられているそうです。

この事から、他の恒星の多くも同様にその生涯の終わりにダイアモンドの結晶へとなって行き、
 
宇宙は巨大なダイアモンド結晶の星で満ちるらしいです。(・0・。) ほほーっ


朝からニュースのお陰で最近本棚に埋もれていた宇宙の本を引っ張りだしましたよ~(。◠‿◠。)♡

確か、前にMUのどなたかのブログでも宇宙の事を書いてる方がいたなぁ

色々話してみたいものですヾ╲(。◕‿◕。)╱✿


それでは 今日もイイ一日を!! またね~~♪(*^-^)ノ~~
[PR]
by H-anaM-izuki | 2011-08-26 09:50 | 雑記 | Trackback
トラックバックURL : http://h7a1n6a.exblog.jp/tb/16467099
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。