最近はMU奇蹟の大地のゲーム日記となってます^^
by H-anaM-izuki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
SEASON12 PART1..
at 2017-08-17 13:33
休日の醍醐味
at 2017-08-11 16:54
攻城戦行ってきましたっ
at 2017-08-07 10:59
新キャラを作ってBAをもらお..
at 2017-08-04 00:32
経験値が・・・・・
at 2017-08-02 22:50
最新のコメント
お上手ですw 罵倒..
by H-anaM-izuki at 10:45
ずいぶん酔っぱらった。 ..
by かど at 23:02
あんな高い値段設定なのに..
by H-anaM-izuki at 12:43
悪徳過ぎて笑えるwww ..
by やぁやぁ at 00:00
え~、じゃあラミラミのパ..
by H-anaM-izuki at 20:21
記事ランキング
カテゴリ
全体
雑記
sports
音楽で世界旅行
グルメ
Movie
music
w杯2010南アフリカ大会
MU
MU攻城戦
ファンサイトのブロガーさん
Requiem連合メンバー
未分類
画像一覧
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
ブログパーツ
アンチエイジングエステ
検索
ファン
ブログジャンル

カテゴリ:music( 26 )

名曲を紐解く PART2

コンバンワァ(✡ノ◕‿◕)ノ

日本列島、厳しい寒さの年末ですね。

東京は、今日は一日イイお天気でした058.gif

明日、起きたら雪景色とかだったら凄く嬉しいんだけどな~~~~016.gif



今日のタイトル、名曲を紐解く PART2 となっていますが、

PART1は もうかな~り前、7月17日の記事でサイモン&ガーファンクルの

スカボローフェアを取り上げました。 そして今日のPART2はこちらです。

Ravel ラヴェルの Bolero ボレロです。

だ~~~~~~~~~~~い好きな曲で、いつか皆さんにもご紹介できたらと

思っていたのですが、これはかなり好き嫌いが別れる曲なので、

今日までご紹介出来ずにいたのですが、

皆さんが冬休みに入って少し時間的余裕のありそうな今、このタイミングだ!と言うことで、

ご紹介させて頂きます(^-^✿)

好き嫌いが別れると言った大きな要因の一つに曲の長さです。

15分以上あります。それと、単調なので楽器とかに興味のない方はすぐに飽きてしまうのです。

でも、少しでも飽きないで聴けるように書きますので、時間があるときに

ゆったりとした気分で ほっんとに是非! 聴いて下さい(◡‿◡✿)

続きは ↓ から

続きはこちらから ヽ(。◕‿◕。)ノ
[PR]
by H-anaM-izuki | 2010-12-30 21:02 | music | Trackback | Comments(4)

コータロー君ヽ(。◕‿◕。)ノ

☆(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡♪


お仕事の合間に更新を(✿╹◡╹)

先日、テレビでやっていた歌番組に大好きな押尾コータロー君が

久保田利伸サンと平井堅サンとコラボをしていて、ほっっっっんと良かったので

そのときの動画をご紹介したかったのですが、

何度も見た大好きなその動画は削除されてしまいました( ;∀;)



以前、音楽旅行の記事にチェリストのヨーヨーマが演奏したリベルタンゴを

ご紹介しましたが、そのときに軽く、この曲はギタリストの押尾コータローくんも

演奏してるので見てみて下さいと書きました。

その時は、コータローくんの動画までは載せなかったので

今日は是非、そのすば~~~~~~らしい演奏を聴いてみてくださいヽ(。◕‿◕。)ノ

続きは ↓ から

続きを読む・・・ヽ(。◕‿◕。)ノ
[PR]
by H-anaM-izuki | 2010-12-07 15:58 | music | Trackback | Comments(0)

第16回ショパン国際コンクール

╲(。◕‿◕。)╱✿・゚:✲:こんにちは~



以前から経過をご報告していた

第16回ショパン国際コンクール最終結果が出ました(✿╹◡╹)

優勝はロシア出身の Yulianna Avdeeva (ユリアナ・アヴディエヴァ)さんと言う方でした。

おめでとうございます!(人´ェ`*)




ちょっと前に、2005年のショパン・コンクールの優勝者、Rafal Blechacz の

英雄ポロネーズをご紹介しましたよね。この曲を彼以上に上手に弾く人は居ないみたいな事を

書いたと思います。 今回の優勝者のYulianna Avdeevaさんも英雄ポロネーズを

弾きました。 時間のある方、是非、聞き比べてみて下さい。

どちらもショパン・コンクールで優勝した時の同じ曲です。

同じ曲でも、こんなに違うんだ、と言うのが素人的にもハッキリと分かります。

好き嫌いは当然別れると思いますが、私はやっぱりRafal Blechacz の英雄ポロネーズが

断然好きですね。 力強さと一音一音の際立った音の響き方、聞き取り易さ、

ふくらみを持たせすぎない演奏、ミスタッチの少なさ、

色々挙げるとあるのですが、全然Blechaczの方が好きです(^-^✿)

この曲に限っては、ですけどね(◡‿◡✿)

みなさんは、どちらがお好みですか? ヾ(。╹◡╹。)^♡


     Rafal Blechacz
    

http://www.youtube.com/watch?v=sdPvEyrrVos&feature=related



 Yulianna Avdeeva 


http://www.youtube.com/watch?v=iHlt1X-ywQc


ね、ぜっんぜん違いますよね。Yulianna Avdeevaさんの方は、

女性だから当たり前なのかもだけど、女性らしい弾き方と言うか、優しいポロネーゼです。


きっと彼女も、ショパン・コンクール優勝記念ツアーがすぐに始まり、

日本にも来日すると思うので、その時には聴きに行ってみたいなあと思いますヽ(。◕‿◕。)ノ


それでは ✿(。◕‿-。).:*:☆マタネー
[PR]
by H-anaM-izuki | 2010-10-22 12:33 | music | Trackback | Comments(1)

残念っっっ

(⊹^◡^)ノo.♡゚。*こんにちわぁ~*。♡


チリでは、全員が無事に救出されて世界中の人がホッと胸を撫でおろした事でしょう。

映画化や書籍化がもう決まっていて、これから待ち受ける様々な生活の変化に

自分を見失うことなく、頑張って社会復帰して欲しいと心から願っています(◡‿◡✿)




先日、ピアニスト紹介で触れましたが、

只今、五年に一度のショパン・コンクールの予選真っ只中です。

一次審査には6名の日本の方も見事通過がきまり、二次予選に挑んでいましたが、

今日、ショパン国際コンクール第二次予選・結果発表がありました。

残念ながら、日本の方の二次予選通過者は0でした( ;∀;)

みごと本選に進めたのは20人。 ロシアが7人と圧倒的に多いです。

意外だったのは、たくさん残っていた中国からも本選に進めた人が一人だったと言うことかな。

近年、中国からは有名なピアニストが多数誕生していて、

2000年のショパン・コンクール優勝者も中国の方でした。

今回、二次予選突破を果たしたアジア人は、中国から1人、香港から1人の

2名だけでした。 ん~、残念。。。

18日からいよいよ、優勝を賭けた本選の開幕です。

優勝者が決まったら、ここでまたお知らせしたいと思います。

興味ある人少ないかもだけど 、こうゆう世界もあるんだな~、ということで(ノω`*)ノ"


では、✿(。◕‿-。).:*:☆マタネー
[PR]
by H-anaM-izuki | 2010-10-14 17:20 | music | Trackback | Comments(0)

巨匠ピアニスト列伝

☆(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡♪

以前、ピアニスト紹介で、熊蜂の飛行の動画と一緒にご紹介したデビッド・ヘルフゴッド。

今日は、技術的にも素晴らしい私の憧れのピアニストのご紹介を(^-^✿)

ピアノ界には、5年に一度だけ行われるピアニストの最高峰を決めるコンクールがあります。

それが ショパン・コンクールです。

ポーランドのワルシャワで開催され、年齢も17歳~28歳までと決められていて、

該当者が居ない年もあったりする、大変に厳しいコンクールですが、

ここで優勝すると、将来を嘱望され、世界を舞台に活躍するチャンスが生まれます。

過去の優勝者では、スタニスラフ・ブーニンや、二大会連続で優勝者の居なかったあとに、

15年ぶりの優勝者となった当時18歳だった中国のユンディ・リ あたりが有名でしょうか。

今日ご紹介するのは、ユンディ・リのあとの2005年大会で優勝者となった

ラファウ・ブレハッチ (Rafał Blechacz) です。

ショパンコンクールの開催国、ポーランドのピアニストです。

今まで優勝者ナシと言う回はあったものの、この回に限っては二位の該当者がなく、

圧倒的な強さで優勝しました。彼はこのとき、マズルカ賞、ポロネーズ賞、コンチェルト賞、

ソナタ賞も併せて全て総なめにしましたヾ(。╹◡╹。)^♡  当時20歳です。

風貌も何となくショパンに似ていて、ショパンの生まれ変わりだと大変話題になった人です。

あだなにショパンとつく位、ショパンの曲を完全に自分の物にしていて

ご紹介する動画も、私の大好きな曲だけど、彼以上に上手にこの曲を弾く人はいないと

断言できるほどの技術の持ち主です。

現時点で、ショパンを弾かせたら世界1の人の演奏を、是非聴いてみてください。

演奏が始まるまでの何とも言えない張り詰めた空気。

そこから始まる素晴らしい演奏、この動画はPCに穴が開くんじゃないかしらと言う程

見ている動画です。ピアノは以前欲しいピアノでご紹介したスタンウェイですねっ♪

動画の途中、5:25秒あたりからの演奏ですが、下の譜面がそうなのですが、

左手は 単純に1オクターブずつ、ずらして弾いていくだけなのですが、

ここをこの速さでこれだけ正確に弾く人は見たことないです@@

私は、ここが苦手でなかなかここから先に進めないでいます( ;∀;)

ほんと指がつってしまう程痛いです。。。


f0233667_178374.jpg




前置きが長くなりましたが、ショパンの曲の中でも本当に大好きな曲、

英雄ポロネーズです。ほっんとに凄いから見てみて下さい~ヽ(。◕‿◕。)ノ



  

いかがでしたか? 凄かったでしょ・・・・

そんなショパン・コンクールですが、今年が前回から五年目、第16回大会の開催年です。

10月18日~20日:本選

10月21日:コンクール結果発表

10月21日ー23日:入賞者コンサート  となっています。


今大会はどんな優勝者が誕生するのか楽しみです♡(✿ˇ◡ˇ)人(ˇ◡ˇ✿)♡йёღღ

第一次予選通過者は40名、日本人も6名の方が通過しています。

この期間は、二次予選の真っ最中です。

日本の6名の方も本戦に進めるよう頑張って~~~~ヽ(。◕‿◕。)ノ


では、 ✿(。◕‿-。).:*:☆マタネー
[PR]
by H-anaM-izuki | 2010-10-12 17:08 | music | Trackback | Comments(0)

巨匠ピアニスト列伝

(⊹^◡^)ノo.♡゚。*こんにちわぁ~*。♡


今日は大好きなピアニストのご紹介を(◡‿◡✿)


David Helfgott  (デビッド・ヘルフゴッド)

ピアノ曲を普段聴かない方は、ピアニストと呼ばれる人達には

あまり興味がないかも知れませんが、

どんな人にでも人生にそれぞれの背景があるように、勿論ピアニスト一人一人にも

それぞれの背景があります。今日ご紹介するピアニストは、ピアニストの中でも特異な

波乱の人生を歩んでいる方です。

幼少時代から神童と呼ばれ、数々の賞を獲得したりしていますが、

段々と精神的な障害の兆候が現われ始めます。厳格すぎる父親からの暴力や、

極端な繊細さから精神のバランスを崩してしまい

大学は奨学金でロンドンの音楽大学に入学しますが、ノイローゼになってしまいます。

リストやラフマニノフと言う作曲家の大変難しい曲に挑戦し、  

段々彼は精神的にも肉体的にも疲れ果て倒れてしまいます。

結婚ののち、離婚も経験し、その後は精神病院に何年も入ります。



私が彼のコンサートをオーチャードホールに見に行ったのは、もう10年近く前かなぁ。

彼のピアニストとしての評価は高くありません。

でも私たち素人から見たら、それは素晴らしい技術、演奏であって、

彼の人生を題材とした映画 『シャイン』 を見ていたので、舞台袖からヒョコヒョコと

歩いてきただけで、涙が出てきました。演奏中なにかをブツブツ言いながら弾いたりしますが、

演奏自体には影響はなく、本当に素晴らしい時間でした。

お花を観客が渡すと、ずーと抱きついて離れなかったり、握手した手を離さなかったり

微笑ましかったです。

現在は再婚した奥様とともに自宅でたまに演奏会を開いたりしているようです。

そんな自宅での演奏会の様子をご覧下さいヾ(。╹◡╹。)^♡

歌も演奏もそうだけど、技術だけが問題ではないのです、どれだけ相手の心に響くか、

聴いた人に影響を与えるかであって、彼は私にとっては素晴らしいピアニストなのです(^-^✿)


   

    


そして、こちらは映画 『シャイン』 の中の私もとても好きなシーンです。

フラリと立ち寄ったお店で、居合わせたお客さんに野次られながら

ピアノを弾きだすと、周りの空気が一変します。

この曲、Flight of the Bumblebee  (熊蜂の飛行) と言う曲ですが、

私も一応弾くには弾けるのですが、速さが全然違うかな・・・・

いかに蜂がブンブンと飛んでいるように聞かせるか、とても難しいのです。

映画の中では、俳優さんが上手に弾いているように見えますが、

実際の音源はヘルフゴッドです。ほんとに蜂が飛んでいる光景が浮かびますね(◡‿◡✿)

この映画もお薦めです。機会があったら是非ご覧になってみてください。


shine   


それでは ヾ(◕ 0 ◕ღ)マ!!ヾ(◕ O ◕ღ)タ!!ヾ(◕ 。 ◕ღ)ネー
[PR]
by H-anaM-izuki | 2010-09-14 15:27 | music | Trackback | Comments(0)

I'm the Scatman

❤おは♫“ヽ(✿◕‿◕)ノ”♫よぉ❤

珍しく涼しい朝ですね。急に秋の気配を感じました。

夏が終わるときって何か淋しいですね。秋は好きだけど、寒い冬が苦手なので

よけいそう思うのかなぁ。秋の気配を感じると、少しセンチな気分になります。

そんな時は、元気になれる曲を聞いたりするのですが、

今日は一人、皆さんの記憶にも残っているだろう故人のご紹介を。

独特な歌い方で、私たちに強烈な印象を残したScatman John 。

とりあえず、聞いてみて下さい。

Scatman (Ski-Ba-Bop-Ba-Dop-Bop)



ね、ご存知ですよね。よく彼の真似をしたものだけど、とてもあんな風には

歌えませんでした。彼のデビューは52歳です。

メジャーデビューアルバム『Scatman's World』は全世界で600万枚以上を売り上げました。

『スキャット』とは、ビートボックスのように声を一つの楽器として表現し、

意味のない音をメロディーにあわせて即興的(アドリブ)に歌うことです。

彼はこれに、1回に4つ近く音の調子を変えるという珍しい歌唱法を用い、

唯一のジャンル『テクノスキャット』を開拓しました。

彼は、発語時に言葉が連続して発せられたり、瞬間あるいは一時的に無音状態が続くなどの

言葉が円滑に話せない言語障害の一種のような症状を示す病気である吃音症(きつおんしょう)

と言う障害を持っていました。

スキャットと言う歌唱法は、彼がその障害を逆手に取った歌い方なのです。

曲を聞いている限りでは、そのような障害は全く感じられませんが、

デビュー当初は、記者のインタビューにもまともに答えられないときがあったそうです。

段々と症状もよくなってきたそうですが、そんな矢先、57歳で肺癌のため死去してしまいます。

52歳でデビューするまでの彼は、たくさんの苦難を乗り越えています。

彼の曲の歌詞は、吃音者の人を励ますような歌詞が多く見られます。

聞いていて元気になれる曲が多いです。短い生涯でしたが、晩年の彼の目覚しい活躍は

世界中の人々に元気と勇気を与え、それは彼が亡くなった今でもこうして続いているのです。



         Everybody Jam!



     
Scatman (Ski-Ba-Bop-Ba-Dop-Bop) のほうの歌詞も載せますので、

どんなことを歌っていたのか、見てみて下さい(◡‿◡✿)


Everybody stutters one way or the other
誰だってどもったりすることくらいあって当然

So check out my message to you.
いいかい、僕のメッセージをよく聴くように


As a matter of fact don't let nothin hold you back.
実際どんなことがあってもあきらめちゃいけない

If the Scatman can do it so can you.
スキャットマンが出来るなら君にだってできるさ


Everybody's sayin' that the Scatman stutters
みんなはスキャットマンはどもるって言う

But Doesn't ever stutter when he sings.
でも歌うときの彼はどもらない


But what you don't know I'm gonna tell you right now
いいかい、君の知らないことを教えてあげよう

That the stutter and the scat is the same thing.
吃音(どもり)もスキャットも同じ事


Yo I'm the Scatman.
そう、僕はそのスキャットマン


Where's the Scatman? I'm the Scatman.
スキャットマンはどこだ?僕はスキャットマン


Why should we be pleasin' all the politician heathens
なぜ野蛮な政治屋どもを喜ばせようとする?

Who would try to cange the seasons if they could?
できるなら季節までも変えようとするやつらさ


The state of the condition insults my intuitionsand
この状況は僕の直感をバカにしてるとしか思えないし

It only makes me crazy and my heart like wood.
僕を迷わせて心を森のようにしてしまう


Everybody stutters one way or the other
誰だってどもったりすることくらいあって当然

So check out my message to you.
いいかい、僕のメッセージをよく聴くように


As a matter of fact don't let nothin' hold you back.
実際どんなことがあってもあきらめちゃいけない

If the Scatman can do it brother so can you.
スキャットマンが出来るなら、兄弟、君にだってできるさ


I'm the Scatman.
僕はスキャットマン


Everybody stutters one way or the other
誰だってどもったりすることくらいあって当然

So check out my message to you.
いいかい、僕のメッセージをよく聴くように


As a matter of fact don't let nothin hold you back.
実際どんなことがあってもあきらめちゃいけない

If the Scatman can do it so can you.
スキャットマンが出来るなら君にだってできるさ


I hear you all ask 'bout the meaning of scat.
君たちはスキャットの意味を問う

Well I'm the professor and all I can tell you is
よろしい、スキャット博士である僕に言えるのは


While your still sleepin' the saints are still weepin' cause
君が眠っている間、聖者たちはすすり泣いている

Things you call dead haven't yet had the chance to be born.
生まれてくるチャンスがまだないものさえ、君はそれを死んだと決めつけるから


I'm the Scatman.
僕はスキャットマン



ニコ動が見れる方はこちらもどうぞ。元気に作業が進みますヾ(。╹◡╹。)^♡


        http://www.nicovideo.jp/watch/sm1197325


それでは ✿(。◕‿-。).:*:☆マタネー
[PR]
by H-anaM-izuki | 2010-09-09 08:46 | music | Trackback | Comments(0)

p(*^-^*)q がんばれ~~

(*ゝω・*)ノ゛コンチャ♪・゚:*:゚

今日はギルメンの事を少し~

音楽の専門学校に在籍してて、バンド活動をしているギルメンさんが

ついに来月CD発売が決まったそうですワーイ♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪

今までも携帯で配信されたりはしていて、私も聞いたりしてましたが、

CDデビューです。嬉しいわぁヾ(。╹◡╹。)^♡

地元と東京を行ったり来たり、学校もあってバイトもしてと大忙しな彼ですが、

応援してあげたいです♡(✿ˇ◡ˇ)人(ˇ◡ˇ✿)♡йёღღ

みなさんも是非、バンド名だけでも覚えてあげて下さい~


HAND MADE BEAR's  です。

曲を一つ載せるので、時間のある方は聞いてみて下さい(◡‿◡✿)

  KEY NOTE

  ttp://www.youtube.com/watch?v=r66BmfPr8jE&feature=related   


早くメジャーデビューしてね~(ノω`*)ノ"
[PR]
by H-anaM-izuki | 2010-08-27 18:55 | music | Trackback | Comments(0)

威風堂々

(*ゝω・*)ノ゛コンチャ♪・゚:*:゚

タイトルの威風堂々、みなさんも耳にしたことのあるエルガー作曲の行進曲ですが、

シーモ(SEAMO)の手にかかると、こんな曲になります。

もともとこれも行進曲なので、彼の編曲、歌詞も前向きになれる人生の行進曲みたいな

感じかな~

私がバビの裏板を見て、おちこみ悲しんでいたときに、MU内の友達が聞くといいよと

送ってくれた曲です。リアルでも私のライフワークになっているピアノで

行き詰ったりしたときに、これを聞いて元気をもらいました。

ベタな歌詞かも知れないけど、こうストレートに言われると

すんなりと聞くことができますね(◡‿◡✿)

みんなもネガティブに行こう~~~!!ヽ(。◕‿◕。)ノ



      Continue  コンテニュー   By SEAMO  


 


私も頑張るよ~~\(*T▽T*)/
[PR]
by H-anaM-izuki | 2010-08-10 22:46 | music | Trackback | Comments(0)

≡≡≡=(ノTдT)ノ ワアァァ・・

【⊱✿こんばんわ✿⊰】(✧◕∀◕)ノシ

一日坊主にならないように、今日も駒沢公園に向かって歩いていたんだけど

空がピカピカし始めて、いやーな予感がしてたらゴロゴローっと来ましたよ

もうほんとに≡≡≡=(ノTдT)ノ ワアァァ・・!! みたいにUターンして走って帰ってきました( ;∀;)

いあぁ猛スピードで走ってイイ運動になりましたw

危ないですからね~、雷(T_T)

雷は大嫌いなので 今もヘッドフォンで大きな音で音楽聴きながら、

雷が聞こえないようにしてこれを書いています。

今日のは、行って来たうちに入れてもいいよね・・・?(ノω`*)ノ"

ちなみに今聞いているのは、誰もが知ってるKing of Popことマイケル・ジャクソン。

彼の曲やダンスシーンはネット上でもあふれかえっていて、いつでも好きなときに

彼のパフォーマンスは見れますが、みんなそれぞれこの一曲!て言うのがあると思うんだけど

私も数ある彼の好きな曲の中でも一番すきなのがこれです。

まだ子供のマイケルだけど、なんて素晴らしいリズム感と声でしょ~

この時すでに、King of Popになる片鱗が見えますよね(^-^✿)



上手だなー(◡‿◡✿)

ついでに、これも大好きです♪



もうこの世に居ないなんてほんと淋しいですね(ノД`)・゜・。
[PR]
by H-anaM-izuki | 2010-07-26 20:25 | music | Trackback | Comments(0)